★ポイントが欲しい!★

Hi everyone!

DLSの日本人講師のTです。もうすぐ三月ですね~。僕は、実は俳優をやっていて、先々週実家のある岡山に帰って、高校生に、英語ではなく、演劇を教えてきました!英語を教えるのとはまた違った難しさがあり、いろいろ考えた週末でした!

さて、その時のこと。半日休みがあったので、ショッピングモールに行って買い物をしてきたのですが、そこで作りました。

ポイントカード!

そこで、ふと考えたのです!

確か、僕がイギリスにいるときは、ポイントカードなんて持ってなかったような・・。

ということで、緊急アンケート!「アメリカとカナダにポイントカードがあるのか??」ちなみにポイントカードは英語でもpoint cardです

Head teacherのTは「持ってないな~(No, I don’t have)。いくつもカード持ち歩くのは面倒くさいし(It’s troublesome to carry around all the cards.)、そこまでして持って回るほどの価値もないし(The value is not worth it)」だとか。

“troublesome”で、面倒くさい。よく使うね、覚えましょう

同じアメリカ出身でも北西部出身のKは「私ってすぐ作っちゃうから。(I’m won over easily.)」と、ポイントカードやスタンプカード、診察券などのカードケースを3冊も見せてくれました!

“win over to~” ~に引き入れる。ここでは、受け身系で カードに引き入れられるって意味で使ったんですね。

カナダ出身のRも「大きなデパートやスーパーマーケットはあるけどね、。5~6店舗かな~。(Big departments store and supermarkets have, but only 5 or 6.)」と。なるほど、あんまりポイントカードはないんだね。

じゃ、もう一つカードに関しての質問。「アメリカでは、現金とカードどっちで払うのが普通?」

Kは「カード。あとは、デビットカード!(Credit card, and Debit too!)」

「日本に来てなくて困るのがそれなんだよ!(That’s what I’m missing here!)」と言ったのは、カナダ出身のR!なるほどデビットカードはよく使われるんだね、ふむふむ。

でも、Kは「M銀行で作れるよ(You can make it at M bank.)」と提案してました。デビット専用カードは、クレジット決済できるところでは使えるそうです。

と、日本では当たり前のように使わるポイントカードですが、日本ほどポイントカードが使われる国はないみたいです!ま、個人情報の流出にもなりかねないですからね~。

ま、僕はせっかく作ったポイントカードでポイントを貯めるためにせっせと使ってますが、よくよく考えると、ポイント貯めるために余計な出費を増やしてるのかも。・・ポイントに転がされていると痛感した僕でした。とほほ