☆衝撃の運動会☆

こんにちは。

ご無沙汰しています。DLSの日本人スタッフJKです。

 

更新空いてしまって申し訳ありません。ここのところ秘密のミッション(近日中に皆さんにお知らせします!)に従事していて、なかなか更新できずにいましたが、これからはまた頑張って更新していきたいと思います!

さて、先日、アメリカ人男性講師Wと一緒に、近所のペルーレストランでランチをしてきました!

 

そこで盛り上がったのが運動会の話。講師Wには小学二年生の可愛い息子さんがいて、運動会をとても楽しみにしていたのです。ただ、その運動会で衝撃だったことがあったようで…

 

はい、それでは質問です!いったい何が衝撃だったのでしょう?

それは、組体操でも、騎馬戦でもなく…(もちろんそれも感動したそうですが)

 

 

お弁当ターイム!!!

 

 

何も知らない講師Wは、コンビニでちょっといいお弁当を買って行ったそうです。

 

しかし、ふと周りを見渡せば、ゴージャス過ぎるお弁当のファミリー達。から揚げに、卵焼きに、肉巻きに、ミニトマトに、さくらんぼに、枝豆に…。品数も量も半端なく、さらに彩りよく綺麗にお弁当箱に詰めてあることに衝撃を受けたそうです。コンビニ弁当を開ける、ぺリぺリ音が響いて、みんながこっちを見て、とっても恥ずかしかったと言ってました。

 

確かにこの運動会のお弁当の習慣は日本だけですよね。逆に私がアメリカで、当時幼稚園児の娘がいた時、幼稚園に持って来るお弁当がみんな毎日同じで(サンドイッチ用パンにピーナッツバターとジャムをはさんだものか、チーズとハムをはさんだもの)、ポテトチップスとかチョコチップクッキーとかも入っていて衝撃を受けたのを思い出します。ただ、そのお弁当に慣れちゃうと、日本でのお弁当作りが辛くなるんですけどね。

 

最後に講師Wは、来年は自分も絶対すごいお弁当作る!と息巻いてました。頼もしいお父さんですね!

 

そんな講師Wはワールドカフェで皆さんをお待ちしています!ぜひ積極的に話しかけてみてください!すごく話がはずみます!

 

以上、スタッフJKでした。

 

Wesley