☆気になるフレーズ“get”☆

川崎駅西口より徒歩5分の英会話スクール
DLSダイアモンドランゲージスクールです。

今年のアカデミー賞 長編アニメーション賞受賞作品 映画『ベイマックス』
映画館でご覧になったという方も多いのではないかと思います。
スクール周辺の映画館では、現在でも上映されているようです。

原作タイトル『BIG HERO6』という名前の通り、ヒーロー系のアクション映画で
見終わった後に爽快感が得られるところが、STAFF AKおすすめのポイントです。

さて、ベイマックスを観ながら気が付いたことがあります。
セリフの所々に動詞“get”を使ったフレーズが入っていたことです。

シーン① 主人公ヒロのお兄さんがベイマックスの開発中に言うセリフです
“I’m not giving up on you. You don’t understand this yet, but people need you.
So let’s get back to work.”(”get back” =「~へ戻る」)

シーン② 交番で自分たちを攻撃してきた男について説明するシーン
ヒロは自分たちが経験したありのままを警官に伝えようとしますが、
全く信じてもらえませんでした
“All right, let me get this straight.”(”get it straight”=「~を正しく理解する」

シーン③ ベイマックスが自分を犠牲にしてヒロとキャラバン教授の娘を
助けようと提案するセリフです
“There is still a way I can get you both to safety.”(”get”=「ある場所に連れて行く/ 運ぶ」)

どうですか?
便利な動詞getを使いこなせると表現できることは無限に広がりますよね。

子供向けの作品はリスニングの勉強にも最適です。
映画を観た後に、英語で感想をどのように言うのか、考えてみるのも
楽しみながらできる英語学習法だと思います。

現在、DLSでは英語コミュニケーションで欠かせない表現を徹底トレーニングする
画期的な新プログラムのスタートを目前に控えています。
本気で英語が話せるようになりたいと願う全ての人に向けたプログラムです。
ご期待ください♪

STAFF AK