★インフルエンザ予防対策★

こんにちは!

川崎駅西口から徒歩5分の英会話スクール

DLSダイアモンドランゲージスクールです。

 

巷ではインフルエンザが猛威を振るい始めているようですが、皆様体調は大丈夫ですか?

我が家には受験生がいるので、インフルエンザは本当に怖い!マスク着用、うがい手洗いはもちろんのこと、免疫力がつくと言われている○-1を飲んだり、ネバネバ系食品食べたり、家族全員が必死です。

 

そこで、今回はいいこと思いつきました! もしや、ネイティブ講師に聞いてみたら、それぞれの国の免疫力アップ食材や方法がわかるかも~♪

 

というわけで、まずはフィリピン出身の講師Mに聞き取り。

フィリピンでは、フルーツをたくさん食べる、オレンジジュースを飲む、そして喉が痛くなったり熱が出た場合には、ジンジャーティー(生姜を水と黒糖で煮た煮汁)を飲むそうです。ふむふむ、日本とそんなに変わらないですね。

 

次にカナダ出身の講師R

カナダで風邪の予防対策によく使われるは、朝鮮人参(ginseng)にオレガノオイル。オレガノオイルは数滴口に垂らして飲んだり、水に垂らしてその水を飲んだりするそうです。朝鮮人参は日本でも有名ですが、オレガノオイル、私は初めて聞きました。聞くところによると、天然の抗生剤と言われるほどの効力があるそうです。

 

アメリカ出身の講師K

やはりよく飲むのはオレンジジュース。でも、日本人ほどインフルエンザにかかるのを恐れてないから、かかったらただ家で休む、それだけと。確かに日本人はインフルエンザにかかることを非常に恐怖に感じていますよね。受験生じゃなければ、おおらかな気持ちでかかった病を受け止めるのが一番いいのかもしれません。

 

海外留学経験のある校長にも聞いてみると…

留学中に風邪をひくと、よくアメリカ人のフラットメイト(複数)がチキンスープを作ってくれたそうです。チキンスープはアメリカ人が風邪をひいた時に各家庭ごとにレシピがあり、お母さんが必ず作ってくれるんだとか。骨付き鶏とニンニク、玉ねぎ、セロリなどの野菜でとったスープにショートパスタが入っていることが多いようです。風邪で弱ると日本人はあっさりとしたお粥を食べたいタイミングですよね。でも、アメリカ人はこんな油の浮いたギラギラのスープを飲んで治すのか…。としみじみ文化の違いを感じたそうです。

 

ちなみに、日本では予防の為にたくさんの人がマスク着用していますが、これ、欧米人から見るとかなりびっくりする光景だそうです。そもそもむこうでは重度の感染症の患者しかマスクはしないそうで、ネイティブ講師たちは日本に初めて来た時、マスクをしている人がたくさんいて、こんなに重症患者がいるのかと相当焦ったと言っていました。逆に海外旅行に行った時には、マスクをつけないほうがいいかもしれないですね。つけていたら、現地の人から距離をおかれてしまう可能性があります。

 

それではみなさん、この冬も頑張ってインフルエンザをシャットアウトしてくださいね。いい対策方法があれば是非私にも教えてください。

 

以上、スタッフJでした。

2013_kaze01_big_r10_c16[1]